風俗で力技は通用しない

性格って大きいのかなって

風俗ってリピートするならともかく、初対面であればそれこそそんなに長時間一緒に居る訳じゃないし、それに相手はお仕事。こっちはお客。性格云々ではなくて、単純に接客として普通に接してくれるっていう考え方だと思っていたんですよね。だから性格なんてそんなに気にすることじゃないって思っていたんですけど、この前人妻風俗嬢と接してみて、初対面や短時間であってもやっぱりそれなりに重要なのかなって思いましたね。とっても穏やかだし、こちらに対して心を開いているというか包容力があるというか(笑)まるで自分の全てを受け入れてくれているかのような気持ちになったんです。だから気持ち良かったってだけじゃなくて、満足感もありましたね。そういった気持ちになれるってことを知ったというか(笑)だから風俗では、ルックスばかりを重視していましたけど、ある程度人柄だって大切になってくる部分なのかなって思うようになったんです。それに気付いただけでも良かったです。

飽きろと言っても無理だと思う

未だかつて、風俗だけは飽きないんですよね。飽き性の自分がです。何事も忍耐があったり継続力があるとかってなら話も変わってくるでしょうけど、すぐに飽きてしまうタイプの自分が、こればかりは飽きないというところに風俗の凄さがあるんじゃないですかね(笑)むしろ遊べば遊ぶほどに、風俗の良さを実感するし、「次こうしよう」「あの子にしよう」「あれにチャレンジしてみよう」といった具合に、いろいろなこが思い浮かぶんですよ。これはさすがに風俗だけですね。むしろ他のジャンルでは「もういいかな」みたいな気持ちになってしまうことだって珍しくないのにですよ(笑)だから、自分には風俗がどれだけ特別なものなのかというのがよく分かるんです。むしろこれだけ特別なものは他にない。そう思っていますけどね。それくらい、風俗の存在感は自分の中で突出したものになっていると言っても良いくらいの存在なので、飽きろと言われても無理な話なんじゃないかなと。